KeyMission80購入を検討してみる

Galaxy tub S2とJelly Proの併用を始めてから5ヶ月が経過した。今までの流れでは新たな端末が気になるようになり機種変更したり追加購入の上併用したりしていたのだが
今回は結構長く使用していると思う。
実は途中、docomo ZTE M Z-01K、Blackberry Keyoneを購入してみたけど、どちらもしっくりこなくてすぐに手放してしまった。
追加購入した理由はGalaxy tub S2とJelly Proのカメラ性能だった。
Galaxy tub S2とJelly Proどちらもカメラの画素数が800万画素しかなく、特にメインとしてタブレット使用していると、写真閲覧したときに
カメラ性能が低いとどうしても気になってしまう。
せっかく2台持ちしているのにどちらの端末も性能が低いと気になってしまうため、追加購入し様子を見て見たのだが、
それぞれカメラを写すのにわざわざ折りたたみ画面を広げて内側レンズから外側に切り替えたりしたM Z-01K、
カメラ性能は問題なかったけど全体的にずっしりし、CPU性能がいまいち低く動作がもっさりしたBlackberry Keyoneが
どうしてもしっくり来なかった。
元に戻すなら早いほうが良いと結局2台とも10日程度で売却してしまったため、ほとんど使用していないに等しく、
結果的には今の2台を併用していると言い切っても差し支えないと思う。
この2台に変わる端末がしばらく発売されないと思うのでこの状態はしばらく続くものと思っています。

ただ、カメラについてはやはり何とかしたいと思っていて、いちいちGalaxy tub S2を鞄から出すのも面倒であり、Jelly Proだと保存用写真としては質が厳しい。
何か良いものがないかなとコンデジなど物色していたときに目についてのが今回購入を検討しているKeyMission80である。

このカメラ、ジャンルでいうとアクションカメラのジャンルのようであり、広角360、170、80のレンズを持つ3種類ある。
それぞれ使用用途が違うわけだけれども、私が一番気になったのが最も小さく安価なKeyMission80であった。

画素数は約1,300万画素あり、超高性能とはいかないが十分なスペック、重量が74グラムしかなく、Jelly Proと比べても同じくらいで負担が少ない。
カラビナで鞄やズボンにぶら下げられるようになっており、持ち運び負担も少ないなど、携帯面では申し分ない。

また、新たに購入、持ち物を増やした場合、データを移行させたりするときにわざわざPCを使ったり面倒だけれども、
KeyMission80はBluetoothやWi-Fiでスマホやタブレットに自動転送できるとのことで、データを移動させる煩わしさは最小限になると考えられる。

実際に使用してみて使い勝手が悪くすぐに売却したりするケースも多いのだけれども、発売から既に1年以上経過しており、
価格も2万円台中~後半で購入できるため試してみてもいいかと思い購入に踏み切ってみた。
お決まりのネットショッピングで購入、GW中盤には到着の予定。使い勝手については改めて確認してみたい。

Nikon 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80 BK ブラック

新品価格
¥24,326から
(2018/5/1 11:28時点)

ニコン ニコン KeyMission 80(ブラック) KM80BK(送料無料)

価格:25,350円
(2018/5/1 11:43時点)
感想(0件)