pomeraDM200新発売

「文章に集中するマシン」であるpomeraDM100に後継機が発売されるとメーカーであるKINGJIMから発表された。

visual
pomeraDM200 本体価格¥49,800+消費税 2016年10月21日発売予定

私は先代機種であるDM100を所有していますが、先代との変更点と新機種の特徴について調べてみた。

dsc_0105
先代機であるDM100 使用感あり。

KING JIM 電子メモ帳 ポメラ DM100/B [ブラック]

価格:19,800円
(2016/10/5 21:20時点)
感想(1件)

ポメラDM100からの主な変更点

電池からリチウムイオンバッテリーに変更
5.7インチから7インチにディスプレイの大型化
Wi-Fi 通信機能搭載の搭載
ATOK の進化
重量の増加 390⇒580

先代を使ってきて入力などの使用感は問題なかったが、画面の大きさは今回大型化で良くなったところだと思う。電池からリチウムイオンになったことは賛否あるかと思うが、私個人としては歓迎する。
先代の電池収納場所(底面)は電池の形にもっこりと大きくなっており、せっかくのポメラの造形美を崩しているかに思う。対するDM200は側面からのデザインが非常にすっきりしており、好感が持てる。
Wi-Fiの搭載もフラッシュエアーを使わなくともスマホ等と連携できるところは評価できるだろう。
ATOK の進化においても使用してみればきっと体感できるであろう。

確かに進化した機能も多く魅力的な端末であることは間違いないが、価格が税込みで5万円を超えるところは正直どうかと思う。
スマホは高機能になり、高価格になってきているが、パソコンやタブレットは以前に比べ価格競争力も弱まり安くなってきているので、スマホとタブレット、パソコンと複数台持ち歩くことも
多くなっていると思う。私自身、スマホに加え、windows環境も移動時の資料作成など使うこともあり持ち歩くことが必須となっている。そんな中、文字入力に特化した端末を追加するかどうか
、または既存の端末と置き換えるかどうかは非常に吟味することが必要だと思う。

買いか否か

デメリットもあるが、当然、数年の時を経て発売された新商品なだけに魅力的な端末と言えるであろう。
先代機種を持つ私としては、買い替えをするかと聞かれると答えはノーである。

現在のDM100も発売当初の価格は高かったが、しばらくして2万円台と普及価格に落ち着き、買いやすくなったので、DM200については価格の落ち着きを待つべきと考える。
いや、むしろ旧機種の価格が下がり、「文章に集中するマシン」の購入を考えている方であれば、先代の購入を検討しても良いかもしれない。

KING JIM 電子メモ帳 ポメラ DM100/B [ブラック]

価格:19,800円
(2016/10/5 21:20時点)
感想(1件)