ASUS ZenBook 3 UX390UA-512GP

以前、気になるPCとしてあげていたZenBook 3を購入した。
極薄軽量の本体でありつつ、(薄さ11.9mm、重量約910g)第7世代Coreプロセッサ搭載とパワフルなため、
長く使える機種と思い思い切って購入。

2017年4月22日時点では、Amazonで175,000円程度と値上がりしており、私が購入した1週間前では162,000円程度だったので、
良いタイミングで購入できたと思う。

512GBのSSD搭載機と256GBのものがある。
私が購入した方は512GBの方でSSDがPCI Express3.0×4接続のもので256GBのSSDに比べ高速である。
第7世代Corei7 メモリ16GBと私が使うにはオーバースペックなのだが、だからこそ飽きずに長く使えるのだと思う。

購入時の外側ダンボール

ダンボールの中には外箱、ボディのロイヤルブルーに合わせた外箱で高級感がある。

外箱をあけると本体 ぴったりと収まっている

本体下のスペースにはケース

ケースはボディサイズにぴったり。ポケットなどの収納は無し磁石の蓋でしめるタイプで出し入れしやすい。
持ち運びが楽なPCを購入したらジャストサイズで入るケースがほしくなるが、純正でケースがついていると
かなり得した気分になる。ましてやデザインの良い、高級感のあるケースならなおさら。

純正ミニドックが付属。標準でUSB 3.1 Type- C×1、USB 3.1 Type-A×1、HDMIを拡張できる。
PCのボディと同様の色でないのは残念で少しチープな感じ。
拡張性もいまいちの為、社外品で対応しようと思う。

デスクに置いてみた。
高級感のあるボディは所有しての満足感が高い。

ゴールドでプリントされたキーボード。
お世辞にも打ちやすいとは言えないが、慣れれば問題ないと思う。
横に広いキーボードの為、普段デスクトップで慣れていると打ち損じが出てしまうが問題ない。

持ってみてとにかく薄い。最厚部で11.9mmとカバンの中でかさばらない。
ケースも薄型の為、持ち運びはかなり楽だと思う。

日経PCと比べてみた。
雑誌の厚さと比べても大きく変わらない。

大きさは液晶ベゼル幅が狭い画面を持っているため、12.5型ワイド液晶でありながらもA4雑誌サイズ。
片手で持てる重さで機動性が高い。

以上、購入、セッティングできた状態。
詳細なレビューはメーカーサイトにあるため、開封、印象を中心とした。
持ち運びがしやすいサイズ、重量を持ち合わせつつ、ハイスペックであり、購入価格も控えめなところは
大いに魅力的だと思う。
正直、買ってみて良かったと思っているため、今度こそ長く使っていきたい。

(ノートパソコン)ASUS ZenBook 3 UX390UA UX390UA-512GP(12.5 インチ/Win10Home64bit)

価格:176,290円
(2017/4/22 15:44時点)
感想(0件)


私が購入したショップ
512GB

UX390UA-256G【税込】 エイスース 12.5型ノートパソコン ASUS ZenBook UX390UA ロイヤルブルー 【Core i5/メモリ 8GB/SSD 256GB】 [UX390UA256G]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:138,690円
(2017/4/22 15:45時点)
感想(1件)


256GBだと安い