BlackBerry KEY2到着!

昨日「Unihertz Atom」の到着を喜んだばかりだが、本日「BlackBerry KEY2」がEXPANSYSで注文後、届きました。
国内版が国内販売され、ビックカメラやAUショップで購入出来、あえてグローバル版を購入したのは、国内版ではDUAL SIM設定がシルバーのみなのに比べ、
グローバル版ではブラックで64GB、DUAL SIMが選べることです。
DUAL SIMを使用する必然性はありませんでしたが、将来的に手放す時にDUAL SIMの方が需要が高いことから、グローバル版には注目していたのですが、
「Unihertz Atom」の使用を迷ったときに「BlackBerry KEY2」をビックカメラで実際手に取ってみて一気に気持ちが前向きになり注文していたのです。
台風の影響で到着が遅れておりましたが、10月12日、到着しました。


海外からの輸入購入の場合、購入代金のほか関税がかかることがありますが、今回の購入では別途3,300円、到着時に支払いました。


プチプチに梱包された状態


64GB DUAL SIM 型番な「BBF-100-6」となります。

セットアップ


グローバル版ではありますが、日本語はプリインストールされており、何ら変わりはありません。


SP-MODEが選べます。ドコモシムを使用の私にはうれしい限りです。moperaは必要なくなります。


DUAL SIM仕様です。マイクロSDと排他的使用のため、私はマイクロSDを挿入します。

BlackBerry KEY2のサイズ感

先代のBlackBerry KEYoneについても、オークションで購入したことがあり、1ヶ月程度使用したことがありますが、KEYoneに比べ10グラム以上軽くなり、薄型化されたそのサイズ感はかなり持ちやすく、
キーボードを押す時の持ち方をしても重量を感じさせなく、ストレスは少ないです。
今Huawei mate9をサブで使用していますが、縦の長さはそれより短いです。


Huawei mate9と並べてみました。


タブレット galaxytubS3と比較

気になる横幅、新聞やDマガジンを開いてみた

最近のスマホは18:9画面など縦長画面が多いですが、私は縦長画面、苦手です。

・そもそも、横に傾けスマホを横画面で見ない
・方手持ちしたとき、先端に重量を感じすぎて端末重量以上に重さを感じてしまう
・紙媒体を画面で見た時、上下に空白ができる、表示画面が小さくなる

こんな理由で最近の端末より先代の端末を使用することが多いです。galaxytubS3は縦横比率がipadと同じで最高に見やすく、Huawei mate9も16:9でかつ大画面のため横幅があります。
BlackBerry KEY2を使用するとなると、Huawei mate9と競合してくるので画面表示が気になるところなので、並べて比較してみました。


Dマガジンを見た時
BlackBerry KEY2は縦に画面が短いため、上下の空白は少なく、画面サイズは小さいものの表示が大きくなります。


galaxytubS3も一緒に並べると、さすがにgalaxytubS3で見たものが一番見やすいと思います。


朝日新聞デジタルを見た時


まとめ

BlackBerry KEY2、スペックが向上したなど、購入動機はいりいろありますが、サイズ感は非常に重要で、軽く、薄いことで1台メインスマホとしても十分活躍してくれる端末と感じました。
Huawei mate9が画面比率16:9スマホのなかで画面が大きくスペックも高いことから満足度の高いモデルと感じていましたが、このモデルと置き換えて使用してもよいかなと思っています。
昨日到着の「Unihertz Atom」がメインスマホとして常にポケットの中に入れて置き、カバンの中にBlackBerry KEY2を忍ばせる使い方かと思います。
BlackBerry KEY2の重量が160g程度とのことでUnihertz Atomとの重量差は60g程度とあまり差がないため、BlackBerry KEY2だけでも良い気がしますが、両方とも満足の出来だったため、
しばらくは2台持ちかと考えています。

BlackBerry Key2 Dual SIM (BBF100-6) グローバル版 Black/ブラック 64GB, 6GB RAM, Android 8.1 (Oreo) SIMフリー 並行輸入品

新品価格
¥75,000から
(2018/10/13 13:24時点)


今回私はEXPANSYSを利用しましたが、AMAZONだと購入しやすい方が多いのではないでしょうか。
グローバル版、国内版にはないDUAL SIM ブラックモデルが購入できるためおすすめします。