GPD POCKET2がより使いやすくなる周辺機器

GPD POCKET2ですが、コンパクトで 重さも500g程度と軽く、 持ち運びしやすく大変気に入って使用しています。

ただ、自宅で使用する際は必ずと言っていいほどディスプレイにつないでデスクトップPCとして使用する機会が多く、「イザというときに単体でコンパクトに持ち出せる PC」 として使用するのが良いのかなと思っています。個人的には外付けモニターとキーボードがあればいいかなと思い、購入していますが私が購入したものをどのような基準で購入したか紹介したいと思います。

コンパクトな折り畳みキーボード
Bluetooth キーボード「TOUCH+」

3E ワイヤレスキーボード[Bluetooth・Android/iOS/Win]タッチパッド搭載 Touch タッチプラス(英語65キー・ホワイト) 3E-BKY5-WH新品価格
¥6,202から
(2019/3/3 15:53時点)

「ノートパソコンのように打ちやすい広々キーピッチ&独立したキー設定。
」 とメーカーHPに記載があるとおり非常に打ちやすいです。コンパクトなキーボードはいくつか購入しましたが割と打ちにくいものが多く結局長続きしなかったのですがコチラ、3つ折りのためキー配列が安定しており非常に打ちやすいです。重量も204gとコンパクトなキーボードとしては若干重めではありますがそれは「タッチパッド」を持ち合わせているから。マウスがないときでも、キーボードだけで操作が可能です。ペアリングは3台までOKなので、PCのほか手持ちのスマホに入力するために使い分けたりできます。

外付けモバイルモニターは
ASUS MB16AC !

ASUS モバイルディスプレイ MB16AC 15.6インチモニター(1,920×1,080 / ブルーライト軽減 / USB Type-C / IPSパネル)新品価格
¥33,281から
(2019/3/3 16:05時点)

以前別のモバイルモニターを使用していました。別に不都合はなかったのですが、モニターを持ち運ぶカバーやケース、モニタースタンドを持ち歩くことを考えると「ある程度のサイズがありつつ 軽量で カバーがスタンドになるモデル」であるASUS MB16ACがベストバイかと思い追加で購入しました。

思った通り使い勝手は上々、画面もフルHDではありますが非常にきれいです。


Type C to Type C ケーブル 0.3m 短い USB 3.1 Gen2 USB PD対応 最大60W/3A USB C to USB C 充電ケーブル

Type C to Type C ケーブル 0.3m 短い USB 3.1 Gen2 USB PD対応 最大60W/3A USB C to USB C 充電ケーブル MacBook/Xperia XZ/Galaxy S8/Matebookなど対応新品価格
¥838から
(2019/3/3 16:13時点)

最後にケーブルですが、GPD POCKET2はtypeCケーブル1本でディスプレイと接続できます。ならばなるべくコンパクトにと思い0.3mと非常に短いケーブルです。

  • Type-Cを搭載しているパソコンや充電器に、Type-Cを搭載しているスマホやタブレットを接続し、充電とデータ転送ができるUSB-C to USB-Cケーブルです。
  • USB3.1 Gen2規格で、 最大10Gbpsの転送速度。USB3.0の5Gbpsの2倍で、ポータブルHDD/SDDなどのデータ転送に最適です。
  • 0.3mの長さ、スマートフォンをモバイルバッテリーで充電やパソコンとのデーター同期に便利、且つコンパクトの長さです。
  • USB PD(Power-Delivery)対応により、最大60W/3Aで接続機器への給電が可能です。※Macbook Pro(15インチ) 87Wの充電に不対応。
  • 新規格のUSB Type-Cコネクタは、ウラ、オモテに関係なくケーブルを挿し込めるTypeC to TypeCケーブル。

アマゾンでは上記のような紹介をされており GPD POCKET2 で使用できるかわからなかったのですが安いため購入してみたところ問題なく使用できました。

モニターに長いケーブルはついているため、状況に応じて使い分けています。

結論、付属品もコンパクトなものが良い

以上、取り急ぎそろえた周辺機器ですが組み合わせた画像がコチラ。

モニターのみに映像表示し、バッテリーの負担を軽くしています。だいたい2時間程度は使用できるので外出時に少し使用するくらいなら大丈夫です。これで総重量2㎏弱です。大きなモニターのあるPCは確かに使い勝手は良いですが持ち回りが厳しくなります。普段は単体でGPD POCKET2を使用し、大きなモニターを使いたいならこの組み合わせで持ち運ぶ今の組み合わせ、非常に気に入っています。

コンパクトに持ち運ぶために付属品を考えていくことも非常に楽しいと思います。