Huawei MediaPad X2

2016-09-05 15.58.55-1




日本未発売のファーウェイの7インチファブレット「Huawei MediaPad X2」です。通話もできるファブレットでオークションで購入したのが2015年11月。購入から既に1年近く経過していますがスペックや実機をレビューしていきたいと思います。
WUXGAの高解像度ディスプレイにオクタコアCPU、今の機種と比べても遜色ありません。

朝日新聞の電子版サービス「朝日新聞デジタル」



スペックです

機種名 Huawei MediaPad X2
OS Android™ 5.0 Lollipop / Emotion UI 3.0
CPU Hisilicon Kirin 930 オクタコア(4コア1.5GHz×4コア2.0GHz)
RAM 3GB(2GBもあり)
ROM 32GB(16GBもあり)
バッテリー 5000 mAh
連続待受時間 最大576時間(3G)
ディスプレイ 7.0インチ WUXGA(1920×1200)
カメラ メインカメラ:1300万画素
フロントカメラ:500万画素
通信方式
(GEM-702L)
LTE band 1(2100), 3(1800), 7(2600), 8(900),
28(700), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
SIMスロット デュアルSIM
サイズ 183.5 x 103.9 x 7.2 mm(239g)
カラー Amber gold

特徴

私が購入したのはRAM 3GBのものになります。ボディーカラーはゴールドとなり、2GBのものがシルバーです。RAM 3GBだと今の機種と比べても大きな差はないと思います。Kirin 930CPUも安定しており、あまり熱をもちません。
バッテリー 5000 mAhあるため、1日ガンガン使用しても大丈夫なところもは大きな安心材料ではないでしょうか。
ディスプレイ 7.0インチ WUXGAについては、ファブレットとしてはXperia(TM) Z Ultraなんかは約6.4インチフルHD6.4型 (1920 x 1080)ですね。iPhone6sプラスが5.5インチ(1920×1080)です。
そしてこのHuawei MediaPad X2は7.0インチ WUXGA(1920×1200)になります。タブレットのようなこの横の1200が私にとっては重要です。
この点は後程お伝えします。

外観

2016-09-05 16.01.38-1

2016-09-05 16.02.03-1

本体厚さですが約7.2mmなのでかなり薄いです。ボディーカラーのゴールドはキラキラとした光沢ではないので適度な高級感があります。1枚目の専用フリップカバーの小窓から電話の受取などの操作が可能です。
カバーをつけても厚みはそんなにありません。周囲が守れている安心感があるのでカバーは必須ではないでしょうか。
SIMトレイは2スロットを搭載しています。
上部と下部に分かれており、上部のSIMカードスロットはNano SIMとMicroSD兼用、下部のSIMスロットはMicroサイズなっているので海外での使用など便利ではないでしょうか。

設定解像度を変更してタブレットモードにする

uawei MediaPad X2、WUXGA(1920×1200)の解像度により1台でファブレットとして完結できるのは良いですが、開封時の初期設定では、内部での設定情報のdpiは400dpiとなっていて,アプリ等の表示がスマートフォンと同様になってしまいます。
Huaweiのサイトで,HiSuiteというドライバなどが含まれたソフトウェアをダウンロードして手持ちのパソコンにインストール。
そして,パソコンにAndroidの開発環境をインストールする。それと同時に,Mediapad X2も設定変更ができるよう設定を変更する。
インターネット上のサイトを参考に設定したため、詳細は省略するが、dpiを280dpiまで設定できる。あまり小さくすると閲覧に不具合がでるようで私は280dpiに設定した。
このタブレットモードにしたことで、以下の閲覧性が確保できると思っている。

ディスプレイについて

WUXGA(1920×1200)の解像度により新聞を見たり、スケジュール管理したりWEB閲覧などとても大きく見やすくなる。

2016-09-05 15.58.43-1
いつも見る朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタルです。自宅が紙のものを配達してもらっており、バンドルで安く契約しています。毎月500円ですね。
新聞はやはり紙面で読んだ方がニュースの重要度がわかり良いと思っていますが、スマホだと小さい、タブレットだとスマホとの2台持ちになってしまいますが、このMediaPad X2だと1台で十分見やすいです。
ちなみに下の写真はiPad mini 4になります。(ファブレットを所有していれば不要かもしれませんが)
確かにiPad mini 4は7.9インチのサイズの為大きく見やすいですが、写真のとおり見比べても大きく見劣りしないと思います。

DSC05843
左:Huawei MediaPad X2  右:iPad mini 4

iPad mini 4の方が当然大きい分見やすいが、通話機能のあるuawei MediaPad X2だと閲覧性も高いうえに通話やLINEができたりと1台で完結できるところに軍配か。

Screenshot_2016-09-05-15-53-08
私のディスプレイ画面。ウィジェットに電車時刻表、株価確認のものを入れ、その他シンプルにまとめています。

画面はシンプルにまとめ、使用頻度の高いものを下の一番右のフォルダにまとめている。タブレットモードに変更して不具合はないが、フォルダ名が出てこないところが残念。

Screenshot_2016-09-05-15-54-07
WUXGA(1920×1200)の威力を発揮するのがカレンダー。私はCalenGooを使用していますが、月表示が見やすいです。
(先の予定のため、中身はスカスカですが)

カレンダーについてはCalenGooが最高です。Googleカレンダーとの連携は一瞬だし、文字サイズの変更も柔軟に対応できます。
このカレンダーだけでもこの機種にする価値ありと断言できます。

Screenshot_2016-09-05-15-56-14
新聞の文字、少しだけ拡大で十分見れます。

Screenshot_2016-09-05-15-57-04
WEB画面、スマホ画面でなく、PC版サイトの方が好きです。一覧で見れるのが良いところです。

まとめ

BlackBerry Passportの画面が4.5インチ(1,440✕1,440)であり、スケジュール管理は一般の普通サイズのスマホより閲覧が楽になりました。
Passportを使った時点で他のスマホに変更しづらくなりましたが、このHuawei MediaPad X2を使ってからは本当に便利で使いやすいと思います。
不便なところをあげると、飲み会の席で上着のポケットに入らないため机の上に置いたりしないといけなく、周囲の人に「スマホ、大きすぎない」とちゃかされたりするところや、
ゴルフに行った時はカートの上に置きっぱなしにして昼ごはんの時に忘れそうになるくらいでしょうか。
バッテリーの大きさからもテザリング端末として活用しても良しと結果的に持ち物が減ると思います。




私も使用している朝日新聞デジタルです。

私の所有するHuawei MediaPad X2は日本未発売ですが、同じHuaweiで以下の商品が日本発売されており、スペックも近く安いです。
商品名と購入先をお伝えします。
スマホ、タブレットを一台にする便利さを感じてください。

MediaPad T2 7.0 Pro
<http://consumer.huawei.com/jp/tablets/features/mpt2-7-pro-jp.htm>

PLE-701L-GOLD【税込】 HUAWEI 7.0型タブレットパソコン MediaPad T2 7.0 Pro ゴールド ※LTE対応モデル [PLE701LGOLD]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

価格:26,200円
(2016/9/5 20:12時点)
感想(7件)

PLE-701L-BLUE【税込】 HUAWEI 7.0型タブレットパソコン MediaPad T2 7.0 Pro ブルー ※LTE対応モデル [PLE701LBLUE]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

価格:26,200円
(2016/9/5 20:12時点)
感想(2件)

PLE-701L-WHITE【税込】 HUAWEI 7.0型タブレットパソコン MediaPad T2 7.0 Pro ホワイト ※LTE対応モデル [PLE701LWHITE]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

価格:26,200円
(2016/9/5 20:13時点)
感想(3件)