Spigen シュピゲン 液体保護フィルム「GLAS.tR ナノリキッド」を購入してみた

クラウドファンディングサイトで紹介されていたSpigen シュピゲン 液体保護フィルム「GLAS.tR ナノリキッド」がアマゾンから発売されていたので購入してみた。
新しいスマホを購入した際、いつも保護フィルム貼り付けに神経を使っていたので「塗るだけ」で画面やボディが保護される当商品はずっと気になっており、
実際発売された価格が安かったので購入、到着を楽しみにしていた。

ナノリキッドによるコーティングとのことで、一度塗ると剥がすこともできない。(実際の効果は半年程度だそう)きっちり硬化するまで48時間かかると説明書に書いているため、じっくり夜間に塗って時間をおくことが必要と思ったため、
購入後、作業に入るのは週末まで待ってみた。

今回購入した、Spigen「GLAS.tR ナノリキッド」最大の特徴は、画面保護フィルム(ガラスフィルム)を貼らずとも、自然な使い心地をキープしつつ、画面の傷から保護できます。
Spigen「GLAS.tR ナノリキッド」については、付属の説明書に使用工程が記載されていますが外国の製品であり日本語で記載されていません。
おおまかな使用順序は以下の通りです。

・拭き取り用クロスで画面の汚れを拭き取る
・クレンジングワイプ(1) → 画面の汚れを除去する
・再度、拭き取り用クロスで画面を拭く
・コーティングシート(ナノリキッ含む)(2)→ 画面を拭き、コーティングする
・拭き取り用クロスで画面を拭く(5分〜10分程度)

コーティングが乾くまでの時間はおおむね10分~20分程度です。
「塗る」作業についてムラが生じることはありませんし、拭き取れば塗る前と大きくかわりません。
フィルムを張るときに感じる「埃が入る」緊張感もありません。フィルムやガラスフィルムでありがちな「貼りミス」の心配がないことは大きいです。

今回、私はblackberry keyone新規購入時の保護に加え、Jerry pro、効果があるかわかりませんがGPD Pocketの外観まで塗りました。
このように、1つ購入することで複数台のデバイスのコーティングが可能になります。

最近の端末はgalaxyなどラウンドするディスプレイの機種が多く、せっかく液晶フィルムやガラスフィルムを購入しても画面いっぱいまでカバーしきれない、
どうしても画面の周囲に気泡が入ったり空気の隙間ができてしまうとの理由で何度も買いなおすことがあります。

それならいっそ塗ってしまえば、液晶の保護ができるだけでなく、本体の軽量化など、晃かと感じることが多いと思います。

もし新しい画面保護フィルムを探されているのであれば、Spigen「GLAS.tR ナノリキッド」も候補として検討してみてはいかがでしょうか。

私の購入した端末に使用した写真はこちら
(リキッドなので写真では全くわかりませんが)

Spigen シュピゲン 全端末対応 液体保護フィルム / 液体保護ガラス 塗るだけ 傷を防止 ガラス強化剤 液晶画面 コーティング剤 スマホ・タブレットPC・ゲーム機 対応 ナノリキッド 000GL21813

新品価格
¥1,990から
(2018/4/14 14:20時点)