Surface pro 4

Surface pro 4
12.3 インチ PixelSense ディスプレイ
解像度: 2736 x 1824
第 6 世代 Intel Core i7 プロセッサー
約 786 g
Surface ペン付属
Windows 10 Pro 搭載

Yoga Book with Windows

Yoga Book with Windows
10.1型ワイドIPSパネル
解像度:1920 x 1200
インテル® Atom™ x5-Z8550 プロセッサー
約 690g
リアルペン(EMR芯装着)×1、インク替芯×3、BOOK Pad×1、
ACアダプター、USBケーブル、マニュアル類
Windows 10 Home 64bit (日本語版)

どちらも素晴らしい端末であり、今年最もヒットしたWindowsタブレットPCだと思います。
決して安価なものでなく、長く使用すること前提に購入したはずですが、買い替えしました。

Huaweiから発売されている、Windows搭載2in1ラップトップ「MateBook」です。

HZ-W19-8G-256G-GRAY【税込】 HUAWEI 12.0型タブレットパソコン MateBook グレー (メモリ 8GB / SSD 256GB) [HZW198G256GGRAY]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:97,400円
(2016/12/25 23:22時点)
感想(1件)

上記、上新さんより購入しました。
最上位モデルであるメモリ 8GB / SSD 256GBがおすすめですね。
少しの性能差で、長く使用できるか大きな差が出てきますから。

しかし、Surface pro 4もほぼ最上位のCore i7、それも16GBモデルであったにもかかわらず、なぜ買い替えに至ったのか。
買い替えに至った経緯です。

Surface pro 4

それはすばらしい端末だったと思います。タイプ カバーはまるで標準で付属のキーボードと変わらずtypeできましたし、
性能もデスクトップに劣らずだったのでこれ以上のポータブルPCは無いと思っていました。
値段は高く20万円以上もしたこともあり、これ以上の機種はないと自分に言い聞かせました。
軽量PCでメモリが16GBあるものはほとんどありませんでしたから。

約 786 gの重さもギリギリ大丈夫でした。
しかし、タイプカバーを使用して初めて性能が発揮できると思います。
両方持つと1キロを超え、日常で持ち運びするには厳しく感じていました。
次第に持ち運びをする機会も減り、自宅の高性能デスクトップ化してしまいました。

今購入の「MateBook」はこのあと発売されました。
640gの重量、厚みはSurface Pro 4の8.4mmに対して6.9mmのMateBookの方が薄く、モバイル性が高く非常にひかれました。
しかし、Surface Pro 4が20万円以上もしたこともあり、思い聞かせるように物欲を抑えたものでした。

Yoga Book with Windows

こちらは一転、キワモノ商品です。
キーボード(ハロキーボード)は物理キーでないフラットなもの。
メーカーからの予約をキャンセルし、ヤフーショッピングで購入。
購入後、発送の遅れも目立ったようでオークションでは定価以上で取引されることも多かったようで大ヒット商品と言えるかと思います。
私もSurface pro 4よりも持ち運びが容易で、かつLTEも付属し、日常に高性能は不要かと錯覚し、こちらの商品に買い替えをいたしました。
しかし、やはりそこは目新しい=キワモノとして、どうしても日常になじまない使用感とインテル® Atom™ x5-Z8550 プロセッサーと
非力なCPUに満足度は低く、すぐに新たなPCを探すこととなったのです。

Huawei MateBook

さて、MateBookですが、購入して約1カ月となります。
すぐにレビューしませんでしたが、新たなものを使用しても使い勝手が低いとダメな点がクローズアップされてしまい、買い替えの発想になってしまうので
しばらく使ってみての感想としたかったのです。

現状、「買ってよかった」と思っています。

性能面

もちろん、Core i7と比べると非力だと思います。
しかし、日常でOfficeの使用やネットの閲覧が多い私の使い方だと問題なくストレスなく使用できます。
Coremには3種類ありますが、現段階では一番高性能な商品はCorem5であるこの機種は十分な性能と感じています。
メモリ8GBも、モバイル商品として当然拡張できませんが、十分であるといえます。

持ち運び

Surface Pro 4の本体重量は約780g、(i5/i7モデル)対するMateBookは640gで100g以上軽量であり、軽量スマホ1台分に匹敵します。

コストパフォ-マンス

最上位機種で約11万円。私が購入した上新さんでは10万円をきっています。
特にネットではポイント付与も大きく、店頭で十分に使用感を試した後、購入に至ったのですが、性能面に比較し、コストパフォーマンスは十分高かったと思います。
もちろん、高い性能に携帯性を持たせたため、インターフェース類は必要最小限で、別途購入しないといけないものも多く、十分ではないかもしれません。
しかし、取り急ぎ持ち運べるようにカバーと液晶保護のみ購入し、日常使いしていますが問題なく使用できています。

今後の使用は

しばらくはこの機種で十分かなと思っています。
解像度も解像度は2,160 x 1,440ピクセルと高く、縦横比が横画面で使用しやすいので、officeやネットブラウジングで縦にしたり横にしたりせずとも使用できるのは
扱いやすいと感じています。外付けキーボードやマウスがあればなお使いやすいのでしょうが、無くとも問題なく使えています。
2016年、前半はSurface pro 4、後半はYoga Book with Windowsが注目されており、特にYoga Book with Windowsは今もなお品不足で手に入りづらいという現状かもしれませんが、
3台使ってきて今のHuawei MateBookが一番と思っています。

2017年は少しでも長く使っていきたいと思います。

【送料無料】 HUAWEI Windows 10タブレット [12.0型・Core M5・SSD 256GB・メモリ 8GB] MateBook ゴールド HZ-W19-8G-256G-GOLD (2016年7月モデル)

価格:97,513円
(2016/12/26 00:01時点)
感想(0件)

上新さんが安いと思います。

【送料無料】 HUAWEI Windows 10タブレット [12.0型・Core M5・SSD 256GB・メモリ 8GB] MateBook グレー HZ-W19-8G-256G-GRAY (2016年7月モデル)

価格:97,513円
(2016/12/26 00:02時点)
感想(0件)

ビックカメラさんでも良いかも