「Unihertz Atom」の液晶保護を考えた

考えたといっても、最近スマホを買い替えた際、液晶保護シートを張る機会がずいぶん減っています。
以前、「GLAS.tR ナノリキッド」を購入し塗り込んで以来、
スマホの液晶保護にはこのリキッドにすることが多い。

今回、「Unihertz Atom」と「blackberry key2」の到着がほぼ同時であったことから、別々に保護シートを購入し貼り付けするよりも、
リキッドを2台に施工するほうが効率的です。

Spigen「GLAS.tR ナノリキッド」はアマゾンで購入していますが、いざ施工したいときに無いと困るので2個くらいまとめ買いしており、
以前購入していたものがまだ残っていたので同時施工することで費用対効果も高い。
「Unihertz Atom」1台に「GLAS.tR ナノリキッド」1回分だと効率が悪すぎるので、ちょうどよい機会だったと思います。


以前も購入した「GLAS.tR ナノリキッド」すでにベテランです。

・拭き取り用クロスで画面の汚れを拭き取る

・クレンジングワイプ(1) → 画面の汚れを除去する

・再度、拭き取り用クロスで画面を拭く

・ワイプ(2)コーティングシート(ナノリキッド含む)画面を拭き、コーティングする

・拭き取り用クロスで画面を拭く

かなり気化するのが早く1分程度でワイプ(2)が乾いてきますので開封すれば一気にふきあげていきます。
今回も2台同時施工し、効率的でした。

「Unihertz Atom」は防水性能も高く、名前の通りタフネスなので液晶保護するより絶対「GLAS.tR ナノリキッド」がおすすめだと思います。

Philips(フィリップス) 25型IPSパネル採用 WQHD液晶ディスプレイ 5年間フル保証 258B6QUEB/11

新品価格
¥44,980から
(2018/11/25 11:40時点)